FC2ブログ

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






欠片を求めて(12)

勤務を終え、病院のエントランスを出た平木の先に植木の縁に腰掛けこちらに手を振る少女。
「平木先生ー」以前と同じ笑顔を見せる。
「こんな所でどうしたの?診察は?ちゃんと行ってるの?」
平木は、一気に質問をする。
少女はめんどくさそうに「そんなことより、ちょと付き合ってよ。」
強引に腕を絡ませ引っ張る。
「一体どこに行くんだよ。それより腕を放してくれよ。」
「恥ずかしがらないの」
可笑しくて仕方がない様子だ。

少女に連れられた先は、病院から少し歩いた先にある古びた教会だ。
もう、日も暮れ始めているので人の気配がない。
「さあ、着いたよ。中に入ろう。」
「ちょっと待った。勝手に入ったらまずいだろ。それに鍵がかかってるはずだし。」
「大丈夫。裏口から入れるから。ここってかなり不用心だよね。」
少女は、クスッと笑う。
平木は、やれやれ困った子だなと言う表情だ。
中に入ってみると、外観とは違い、とても凝った作りになっている。
聖人らしき人物や、天使、宗教とは縁遠い平木にも厳かな気分になる場所だ。
「教会なんて初めて来たけど、何だか神秘的なところだね。」
「ここは、古くて小規模なところだけど、歴史があるところだからね。
私のお気に入りの場所なんだ。」
少女はおもむろにキリスト像の前で跪き首から下げている十字架で祈りを捧げる。
平木は、ただのアクセサリーだと思っていたが本物の信仰心から来る物だったのだ。
神々しさすら感じる祈りに目を奪われる。
「平木先生は、神様は信じる?」
思わぬ質問に戸惑う平木。
「信じないね。医者は目の前の現実が全てだからね。」
「リアリストだなー。奇跡ってほんとにあるんだよ。」
「あったら見てみたいね。」
「もう、子供じゃないんだからムキにならないでよ。」
少女は、微笑する。
「そんなことより、手術はどうするの?受けるんでしょ?」
少女の顔が曇る。
「沢井先生の腕前なら手術は成功する可能性もあるしやるだけの価値はあるよ。」
沈黙する少女。
「何が不満なんだい?このままだと助からないんだよ?」
「運命を受け入れたいだけだよ。それじゃダメなの?」
「運命って。。。死んだら何もかも終わりじゃないか。。。」
力なく言葉を発する平木。そして一言も発しない少女。
長い沈黙だ。
「分かったわよー。手術を受ければいいんでしょ。私だってまだやりたいこと沢山あるからね。」
突然少女が大きな声を出す。
「何だよ急に。」
面食らう平木。
「もう帰ろう。最後にお祈りするから待ってて。」
少女は再び跪く。
微動だにせず熱心に祈りを続ける少女。
少女の意外な一面を見た平木は黙って見守る。
ずいぶん長い。
「まだなの?今度はえらく長いね。」
少女は、返事をしない。どこか様子がおかしい。
平木は、少女に近寄り肩に手をかける。
少女の体が崩れたので抱きかかえる平木。
気を失っている。
声をかけても全く反応しない少女に危機を感じる。
急いで抱き上げ教会を後にした。

スポンサーサイト



[ 2017/05/05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)