FC2ブログ

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09






宇宙の忘れもの(10)

辺りはすっかりお祭り騒ぎだ。

とうとうこの日が来てしまったか。

山崎について調べたが結局あいつには目的など無かったのだ。

ただの愉快犯。

人生に絶望した男がただただ己の楽しみの為に周りを巻き込んでいるだけだったのだ。

あいつには時間がない。

やはりやるなら今日の独立記念日だろう。

さて、山崎はどこに爆弾をしかけるのか?

仕掛けるところは山ほどありそうだがどこだ?

山崎はカシール独立運動のゲリラ撲滅作戦に従事していた。

そこは表には出ていないが戦争につきものの陰惨なことが行われていたようだ。

地球政府の側について散々残虐行為を行った山崎が今度は地球政府にテロ活動

を仕掛けると言う支離滅裂状態なのだ。

しかも、MIMも裏切り何を考えてるのか分からない。

恐らく一番被害が出るところを狙ってるはずだが・・・

周りは警官だらけで厳重に警戒されてる。

この状況でテロなど行われるのだろうか?

爆弾なんてものどこに隠すのか・・・

ボクが山崎ならどこに隠す?

分からない。

しかし、一つ心当たりがあるのはあるんだが・・・



まさかまたここに来るとは。

超高層ビルがボクを歓迎してくれてるとは思えないが。

MIMの本拠地だった場所に来ている。

入り口は封鎖されすっかり寂れているが。

人目のつかない地下から入るか。

高級車が並んでいた地下駐車場に向かう。

さて、中に入ったはいいがどこを探す?

相当な大きさのはずだから場所は限られる。

心当たりをあれこれ探したが見つかるわけもなく、

いたずらに時間を過ごしてしまった。

不味いな、もう直ぐ式典が始まってしまう。

もし、ここに爆弾があったら巻き込まれてアウトだ。

ここは一旦逃げるか。

ボクは多少の罪悪感を感じたが背に腹は変えられない。

自分の命が最優先だ。

ボクはさっさとこの場を後にしようと駆け出した時携帯電話

のバイブがボクの足を止めた。

何だこんな時に。

ポケットから急いで出して画面を覗いたら非通知だった。

ふざけんな!誰だこのやろー!

無視しようとしたが何故か気になって出てみた。

「ほんとにお前は頭が切れるのかバカなのか分からないな。」

おかしくてしょうがないと言った感じで話してきた。
スポンサーサイト



[ 2014/04/08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betabetao.blog.fc2.com/tb.php/25-379baa6d