FC2ブログ

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09






星くずの夜(2.3)

沢村は、田代の後始末を終えミネラルウオーターを口にする。
散々ごねられたので疲労困憊だ。
「あの人が戻ってきたか・・・」

俺は、駆け出しの頃にあの人に出会い直ぐに魅了された。
華麗な打ち回し、何よりあのたたずまいがたまらなくかっこよかった。
歩き方から、食べ方、服装、とにかく真似できるものは全部真似た。
少しでも認められたくて、必死に努力し、ライバル達を打ち負かした。
だが、あの人は俺の事なんか見ていなかった。
あの人が見ていたのはあいつだけだった。
だから、俺はあの時・・・

ここ数日、ヘブンズドアの客層に変化が表れ始めた。
金持ちの素人に紛れて、プロの姿が見受けられる。
もっとも、おこぼれをもらおうとするハイエナがほとんどだ。
この後、大金を賭けた麻雀トーナメントの抽選が始まる。
その前に金持ちから、ふんだくろうという腹なのだろう。
人でごった返した中に、例のボスがいた。
小物ばかりが目立つ中、ポーカー場の異様な盛り上がりに怪訝な顔をする。
大柄で、声が大きく、態度のデカイ男がバカ勝ちしていた。
「小池か・・・」
普段、他人を見下して生きている連中が苦渋の表情を浮かべる。
それを、ちゃかして更に煽る小池。
挑発に乗って突っこむ金持ち。ギャンブルで負ける典型的な画だ。

今度は、ブラックジャック場から大歓声だ。
「今度は何だ?」
少女がディーラー相手に快勝を続けている。
その勝負っぷりも見事だが、可憐な表情に周りは釘づけだ。
少女の一挙手一投足に歓声が沸く。
まるで、聖者を崇める群衆のようだ。
「ちっ、何で俺より強いやつが4人もいる。話が違うぞ。」

壁際でミネラルウオーターを飲みながら静かにたたずむ武藤。
隣には観月がいる。
「この後の抽選でブロック分けが決まります。4人が決勝で偶然当たるように
なるといいですね。」
「都合がよすぎるものは偶然とは言わないぞ。」
「大事なイベントですからね、多少の演出は必要です。」
「お前の思惑に興味はない。」
「さあ、役者はそろいました。楽しみましょう。」
観月はニコッと微笑む。






スポンサーサイト



[ 2016/06/24 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betabetao.blog.fc2.com/tb.php/70-41103df6