FC2ブログ

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09






星くずの夜(2.8)

もうすぐ対局が始まる。
本来なら、集中力を高める時間だが武藤には他にやる事があった。
VIPルームに向かう。
美女をはべらせ大騒ぎをしている小池の所だ。
「よう、武藤何しに来た?」
「お前とサシで話がしたくてな。」
小池は、億劫そうに手を振って女達を退出させる。
「で、話とは?」
「また、沢村を引き込んだんだろ?」
何を当然の事をと言う表情だ。
「お前とは、長い付き合いだが随分とこずるい事をするようになったな。」
「俺を、挑発するつもりか?無駄だ止めとけ。」
ニヤっと笑う。
「傲慢で、一匹狼のお前が沢村と組むのが納得行かないだけだ。」
「俺は、負けるのが大嫌いなんだよ。特にお前にだけはな。」
小池から、笑みが消え本来の凄味を出す。
「お前も、美里と組んで打てばいいだろう。」
「例え負けると分かっていても、オレは勝負に対して純粋でいたい。」
「お前のその自信が、たまらなく俺をイラつかせるんだよ。」
沢村が、部屋に入ってきた。
ばつが悪い事この上ない。
「武藤、もう出ていけ。」
小池を無視して武藤は話し出す。
「沢村、オレは勝負師としてお前の事を認めていたがどうやら間違いだったようだな。」
「俺の事を認めていた?だったら何であいつなんですか。」
「武藤、ここまでだ。」
「分かった。オレ達に余計な言葉は不要だな。ただ、打てばいい。」
武藤は、立ち去った。

控室で、静かに目を開く美里。
勝負の前に瞑想をするのは美里のルーティーンだ。
澄み切った表情を見る限り、いつも通りの麻雀が打てることだろう。
対局場に向かって部屋を出ると、その先に観月が立っていた。
「美里さん、調子はどうですか?」
「何の用?」
そっけない返事をする。
「これだけの大勝負ですからね。美里さんが本来の力を発揮できるか心配でして。」
「余計なお世話だ。」
美里は脇をすり抜けようとする。
その手首を観月は掴んだ。
「お守りをお渡しします。」
紙ナプキンで折ったバレリーナを美里に手渡す。
「昔、武藤さんにも贈った物です。美里さんに気に入ってもらえるとうれしいのですが。」
美里は、バレリーナを凝視ししたまま動かない。
「がんばってくださいね。」
観月は、微笑みと共に消えて行った。
美里も、対局場に向かった。
後に残されたのは、握りつぶされ寂しそうなバレリーナだけだった。







スポンサーサイト



[ 2016/08/21 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betabetao.blog.fc2.com/tb.php/75-2bd5bc94