FC2ブログ

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09






欠片を求めて(3)

病院の近くにあるモールの雑貨屋ピエロで、物色中の平木。
看護師の玉木からの思わぬ情報でここに来たが、何を買えばいいのかさっぱり分からない。
あれこれと手に取ってはみるが、どれもいまいちだ。
ふと、周りを見ると、あの時の少女がいる。
向こうも気づき、こちらに向かってくる。
「こんな所で何してるの先生?」
笑顔をたたえているがどこかさびしそうな印象を受ける。
「ちょっとプレゼントを買いにね。」
「ふーん。子供にあげるみたいね。」
「実は、あづみちゃんの誕生日プレゼントを買うつもりで来たんだが、困っているんだよ。」
少女は、くすっと笑った。
「あづみちゃんはクマのぬいぐるみが好きみたいよ。部屋に飾ってあるんだって。」
「クマか。邪魔にならない程度の大きさのを買っておくか。」
平木は、手ごろな物を選び、少女に見せる。
「それがいいと思うよ。」
「助かったよ。ところで君はあづみちゃんとはどういう関係?」
「ボランティアで、来てるだけ。あの時が初めてだからよく知らない。」
「そうなんだ。今度会ったら、飲み物くらいはおごるよ。」
「楽しみにしてるわ。」
少女は、そう言い残して店を出た。

桜井から、大量の雑務を言い渡され忙殺された疲れを癒すために中庭のベンチに腰かけている平木。
「平木先生ー」
そこに、玉木が笑顔でやって来た。
「あづみちゃん、すごい喜んでいましたよ。直接渡せばよかったのに。」
「手話を少ししたくらいの間柄だからね。玉木さんから渡してもらった方がいいと思ってね。
それに、桜井先生に知られたら何を言われるか分かった物じゃないからね。」
平木は、肩をすくめた。
「桜井先生、鬼のように怖いですもんね。」
玉木は、桜井を思い出し顔を強張らせる。
「そうだね。ところで、ボランティアに肩くらいの髪の長さの女の子が来てるようだけどよく来るの?」
「うーん、肩くらいの女の子か・・・誰だろう?」
玉木は、眉間にしわを寄せ思い出そうとしている。
「見当がつかないならいいよ。」
「ごめんなさい。私、記憶力悪くて。」
玉木は、舌をペロっと出して悪戯っ子ぽい笑いをする。
「それじゃあ、ボクは地獄の閻魔様の所に行ってくるよ。」
平木も、舌をペロっと出したので玉木は、大笑いした。
スポンサーサイト



[ 2016/11/30 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betabetao.blog.fc2.com/tb.php/86-3116d83a