FC2ブログ

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09






欠片を求めて(9)

「また、ぼけっとしてるー。」
宮が、うわの空でいる平木にいつもの調子で声をかける。
「早く、桜井先生の論文の資料まとめないと大変なことになるわよ。」
「ああ。」
平木の、いつもとは違う反応に宮が不審がる。
「どうしたの?何かいつもと違うんだけど、何かあった?」
しばし、沈黙の後
「別に、何もないよ。ちょっとコーヒーを買ってくる。」
宮は、平木の後姿を心配そうに見続けた。

平木は、しばらく少女の姿を見ていない。
ただ来てないだけなのか、それとも・・・
迷った末に平木は、足取り重く脳外科に向かう。
もうすぐ脳外科に着くと言うところで目の前に少女を認めた。
「平木先生、久しぶりー」
眩しいくらいの笑顔だ。
「ちょっと話しようよー。」
平木の、手を引っ張る。
平木は、その手をゆっくりとほどき
「ほんとはボランティアじゃなかったみたいだね。」
少女は、一瞬顔が曇る。
「何だ、ばれちゃったのか。」
イタズラを叱られた子供のような返答だ。
「頭痛が、ひどいから来てるだけだよ。」
「それだけじゃ無いだろ?」
「それだけだよ。」
ぶっきらぼうに答える。
「先生には、関係ないんだからもうこの話は止めて。」
「そう言う訳には、行かないよ。」
「しつこい、さよなら、もう話しかけないで。」
少女は、靴音を高く鳴り響かせて足早に消えていった。




スポンサーサイト



[ 2017/03/12 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betabetao.blog.fc2.com/tb.php/93-d1a7ca29